空に近づいた日~天晴れ!!絶景の秋遠足~

c0133361_18164717.jpg

空が澄み渡り、思わず大きく深呼吸をしたくなるような時候を迎えています。
何をするにも気持ちのよい季節ですね☆


先日、秋の遠足で出かけた蔵王山は、紅葉にはまだ早いものの、清々しい空気に、珍しい草花・・・子どもたちの大好きな虫・・・そして様々な木の実がどっさり・・・
まさに”いいものさがしのウォークラリー”のごとく、山歩きをしながら、秋を感じる宝探しを存分に楽しみました。


標高225.5m・・・東深津の登山口からのぼる山道は、遊歩道として適度に整地してありながらも、自然な山肌が残っており、大人も子どももトレッキングを楽しめるコースです。


c0133361_23362298.jpg
山を愛する人の(!?)登山道はいくつかつくられており、この日も元気なご老人と幾度もすれ違い、挨拶を交わしました。


参加した3,4,5歳児は、各年齢に合ったコースと距離を選んで歩きます。



ジェットコースターのような傾斜を登り降り、乾いた地質にズルズルと足を滑らせながらも、手をつき、膝をつき、尻することなく、根を上げず前進する子どもたち・・・
c0133361_23404157.jpg
まさに”そこに山があるから”のごとく、困難までも楽しみに変えてしまう、たくましい心とからだ・・・(ちょっとオーバー!?)

「大丈夫!?」「こっちからのぼり」・・・こんな時、友だちを思いやることばが、自然に出てくるなんて・・・ちょっと感動☆
クラス、皆がひとつになる運命共同体!?みたいなものでしょうか。




c0133361_1882110.jpg

目的地である憩いの森広場でお弁当を食べたあと、年長クラスは更に頂上を目指します。






傾斜は更にきつくなり、息をはずませ、汗をにじませながらも、てっぺんに着いた時の歓声!!

「ヤッターーーー」、「くるまとおうちがすごいチビにみえるーーーーーー」

登りきった達成感と、山頂から見降ろす福山市外のパノラマにこれまでの疲れなんて、吹っ飛びます。


お土産は、様々な形のどんぐりと、でっかい松ぼっくり・・・見事なカマキリと巨大バッタも・・・
ポケットや袋にいっぱい詰めて帰りました。
滅多に口にできない、あけびと山なすび・・・山の幸を、ちょっとだけ味見☆

自然の産物・・・むやみに摘み取ってはいけないけれど・・・風のにおい、秋のいろ、山のうつくしさ、自然の恩恵を受け、共に暮らすゆたかさや心に留めるゆとりをもっていたいですね。

c0133361_18324854.jpg

[PR]
by tukusi-hoikuen | 2007-10-23 18:15 | 行事
←menuへ